アトピー性皮膚炎とは、多くは小児期に発症する痒みを伴う皮膚疾患の一つです。主に乳児期に発症し、成長に伴って症状が軽減していき治癒することが一般的ですが、成人後にも強い症状が残ったり、小児期に症状が出なかったにも関わらず成人後に発症するケースなども見られます。アトピーはアレルギー性皮膚炎の一つで、その原因はさまざまです。ダニ、ハウスダストなどの居住空間を原因とするもの、特定の食物(卵、乳製品等たんぱく質が多い)など栄養素を原因とするもの、花粉、カビなどのほかにストレスも強く影響することがあります。また、遺伝的な要素も関係しているとも言われています。患者の多くは皮膚に強い痒みと湿疹が発生するので、アトピー性皮膚炎と診断された場合には医師の指導を守って根気良く治療をする必要があります。湿疹は発生時期によって症状の出る箇所も異なります。乳児期では、首、肘、膝の内側などの関節に水気を帯びた湿疹ができやすく、乳児湿疹と区別が付き難いのが特徴です。乳児湿疹は生後1年を経過すると治癒することが多いので、それ以上症状が続くようであれば一度皮膚科で検査してもらうのが良いでしょう。そのほかにも、背中や腹部がカサカサと乾燥した状態になったり、口や耳の湿疹などがよくあります。小児期になるとじゅくじゅくとした湿疹は少なくなり、肌が乾燥する症状が多くなります。特に小児は症状を言葉で伝えるのが困難な場合が多いので、保護者が注意して毎日の変化に留意するなど、痛みとは違う面でのケアが求められます。

アトピー性皮膚炎の対処法

アトピー性皮膚炎の痒みは非常に厄介な症状です。痒みによって皮膚を爪でかくことにより傷ができて、更に症状が悪化するという悪循環に陥ることも珍しくありません。痒みを我慢するというのは非常に難しいうえに、睡眠中など意識がない状態では本人の意思とは関係なく血が出るほどかいてしまうこともあります。従って治療の中では”痒みを出さないこと”が課題に成ってきます。処方された抗アレルギー薬を指示通りに服用することはもちろんですが、アレルギーの原因を特定して排除する、室温を一定に保つなどの対策をとることによってある程度ではありますが症状をコントロールすることができます。アレルギーの原因がダニやハウスダストの場合、部屋の掃除を定期的に行い部屋に埃をためない様にするほか、畳やじゅうたん敷きからフローリングの部屋に改装、引っ越したりするとダニの発生を抑制することが出来ます。布団や枕のダニを完全に根絶することは不可能といわれていますが、干した布団を取り入れる際に表面をブラシで払ったり、掃除機をかけることによって繁殖を防ぐことが出来ます。また、近年ではダニを防ぐ加工を施したシーツなどの新製品も販売されています。食べ物がアレルギーの原因になっている場合は、原因を取り除く食事療法によって症状は軽減します。原因の多くはタンパク質で、卵、牛乳が主な原因物質です。最近では学校給食や外食産業でもアレルギー食に対応するなど、社会的な認知もされていますが、原因物質を完全に取り除くと栄養のバランスが崩れやすいなど、小児期の正常な成長を妨げてしまうのが問題です。

ステロイドとスキンケア

ステロイドは、アトピー性皮膚炎の治療を行っていくで非常に重要な役割をする薬物です。炎症を抑える効果が強いので、正しく使用すれば非常に効果的ですが、もちろん薬なので副作用もあります。一時期その副作用がマスコミなどで過剰に取り上げられたため、今でもステロイドは副作用が恐ろしいという誤った認識が多くまかり通っています。しかし医師の処方を守って使用すれば危険なことはありません。ステロイドに対する過剰な偏見をもつことは治療の妨げになります。逆に副作用を誇大に宣伝して患者の恐怖感をあおりたて、あまり効果の無い民間療法を薦める悪質な商売が多数存在しています。そのような誤った情報に流されること無く、疑問点や悩みは主治医と十分に相談し、情報に踊らされることの無いようにすることが大切です。また薬物による治療のほかに普段からの皮膚の手入れも大切なのはいうまでもありません。肌を清潔に保つように入浴は毎日するべきです(痒みが強い場合はぬるいシャワーを浴びるのが効果的です)。しかし、力をこめて垢すりのようなもので表皮を傷つけたりするのは厳禁です。柔らかいスポンジに石鹸やボディソープを付け十分に泡立てて、その泡を皮膚に塗りつけるようにして優しく手で洗います。こうすることによって十分汚れが落ち、肌を清潔にケアすることができます。石鹸やシャンプーは普通のものでも構いません。敏感肌用の製品も販売されていますが、むしろ身体を洗った後に十分洗い流すことの方が重要です。毎日のスキンケアと定期的な診察で根気良く治療しましょう。