骨粗しょう症(骨粗鬆症)とは、骨の密度(骨密度)が低くなり骨が折れやすくなる病気です。加齢により発症しやすい病気ですが、片寄った食生活や運動不足などの原因により、20代、30代など若い年代の患者も増えてきています。従って健康な状態のうちに予防を行うことが重要です。骨粗しょう症になると骨の内部がスポンジ状のスカスカになり、背骨の骨密度が低くなると腰が曲がってしまったり慢性的な腰痛の原因になったりします。普段から腰痛に悩まされている人は、一度骨密度の計測をしてみた方が良いかもしれません。また、高齢者が骨粗しょう症になると、些細な衝撃で足の太い骨が折れてしまい、そのまま寝たきりになるというリスクもあります。人間の骨というのは常に新陳代謝を繰り返しています。しかし、カルシウムの摂取不足やカルシウムの調整機能の衰え、加齢、女性の場合は閉経によるホルモンの減少などにより新たに作られる骨の量が減ってしまいます。この病気の代表的な症状は、まず背骨から起こることが多いので、重い物をもちあげたり、悪い姿勢をしていると徐々にスカスカになった背骨が潰れていき、圧迫骨折を起こします。身長が縮んだり背中や腰が曲がる原因になります。その他にも転倒時に大腿骨の付け根、前腕、腕の付け根などを骨折するケースが非常に多く報告されています。患者がいる家庭では、段差を少なくする、階段に手すりや滑り止めを付ける、風呂場に転倒防止のマットを敷くなどの対策も重要です。

原因と治療

骨粗しょう症にはいくつかの原因があります。まず、男性と女性では女性の方が骨格が少なく、さらに閉経後に女性ホルモンが減少するため、患者数も多いという特徴があります。50歳以上の女性の半分以上が患者になるというデータもあります。次に運動不足の人です。骨や筋肉を維持するためには運動によって刺激を与える必要があります。また、運動不足で肥満傾向であれば、その分骨に掛かる負担が大きくなりますので、それだけ骨折のリスクも高まります。では痩せていれば良いかというとそうでもなく、痩せすぎている人は骨も細く、無理なダイエットをしているとそれだけ骨密度が低く成りやすくなります。その他にも、胃腸が弱くカルシウムの吸収が悪い人、過度の飲酒、喫煙習慣のある人も患者になりやすいと言えます。骨粗しょう症とは骨密度が70パーセント未満の状態をいいます。骨密度は、整形外科などの医療機関や、市町村の保健センターなどで測定することができます。主な治療方法は薬物療法となります。骨の減少を抑える薬や、骨の生成を促す薬、カルシウムの吸収を助ける薬などの他、カルシウムの錠剤を服用したりもします。症状が進行していて、腰や背中に痛みがある場合は、物理的な治療法も行います。電気療法や温熱療法、マッサージなどが代表的です。骨折などとは違い、手術などをすることによって治る病気ではありません。従って、片寄った食生活や生活習慣を改善することにより原因を取り除くことが極めて重要な病気です。

骨粗しょう症の予防

骨粗しょう症の予防方法は、カルシウムの摂取、適度な運動、日光浴が基本の三本柱です。日本人の成人のカルシウム摂取量の平均は、一日に必要な量600mgに対して550mgと不足しています。まずは牛乳、ゴマ、魚、豆腐などを多めに食事にとり入れましょう。但し、カルシウムだけを取っていれば予防できるわけではありません。2006年に発表された「骨粗鬆症の予防と治療のガイドライン」によると「カルシウムを多く取れるだけでは骨粗しょう症の予防にはつながらない」となっています。カルシウムを身体に取り込む機能は腸にしかありません。加齢により吸収効率が落ちると、食事によってカルシウムを多く摂取していても必要量が不足するということが起きます。そこで、骨を生成する働きを助け、カルシウムの吸収を助ける作用をもつビタミンDを摂取するのが効果的です。ビタミンDは魚類やキノコ類に多く含まれているので、小魚と骨ごと食べればカルシウムとビタミンDを同時に摂取することができます。イワシの和風ハンバーグなどはもっとも適していると言えます。また、日光浴をすると、ビタミンDを増やす働きがあります。一日30分程度ウォーキングなどをすると運動にもなって良いでしょう。骨粗しょう症の運動療法としては、ウォーキングだけでなく筋力を向上させるような運動も効果的です。筋力を向上させると、転倒などのリスクを減少させることができます。ハーフスクワット、カーフレイズ、伏臥上体反らし(背筋)なども予防に適しています。